はひふへほ

ほだされて40年

シンデレラガールズ5thライブ宮城公演.今までで一番泣きました.

はじめに

突然ですが,アイドルマスターシンデレラガールズ5thライブツアー宮城公演二日目公演に関するの私のツイートを御覧ください.

 

 

この記事は大体こんな感じです.いやー,いやー,やばかった.本当にやばかった.もう,既に語彙力が失われていますが,ライブが終わって2日経っていてもこの有り様です.本当に有難うございますと言う感じですね(意味不明).この記事はずっとこんな感じでいきます.

 

http://idolmaster.jp/event/cinderella5th/information.php


それはそれとして,みなさま御存知の通り,シンデレラガールズ5thライブツアー宮城公演が開催されました.5thライブツアー最初が地元宮城開催ということで,開催が発表されたときは大変うれしかったのを覚えています.

 

というわけで,今回は参加した際に感じたこととか,あの場で一体何を見てきたのかとか,そういうのを記録として記事に残しておきたいと思います.読んで楽しんでいただけたなら幸いです.毎回全てに言及できるわけではないと思いつつ書いているんですが,今回は言いたいことが沢山ありすぎて,ほんと,これまでで始めて涙が出てしまったライブだったので,ちょっと気合い入れて書きます.以下目次!きになるところだけでもどうぞ.

 

 

まず,いきなりライブそのものとは関係ない話題を2つほど,会場・天候の話と入場時の身分証提示の話をさせてください.

 

会場・天候について

まず,会場と天候の話ですが,なんだって我々はあんなに試される会場,試される天候のライブに参加しなければいけなかったんでしょうか.

 

仙台の過去の実況天気(2017/05/13) - 日本気象協会 tenki.jp

 

特に13日については1時間に5[ml]を超える雨,そして平均風速6[m]という地獄のような状況の中で入場待機列に並ばなければいけませんでした.会場のなかに入っても寒くて仕方がありませんでしたし(これについてはライブがはじまったらなんとでもなるんですけど),ライブ後も天候は一切回復していなかった時の絶望感といったら,何でしょうね,デレステのイベント結果発表で120001位だったような気持ちというのでしょうか.辛さしか無いです.しかもそのなか帰りのバスを待たなければいけなかったですから,もう,ね.いくらライブが素晴らしいとは言えこれは辛かったです.

 

f:id:hagyou:20170517163523p:plain

 

ツイッターでも話題になっていましたが,美玲ちゃん本気出しすぎだろ…….ほんとに嵐起きちゃったじゃん…….起きちゃってるじゃん…….頑張りすぎ…….でも初ライブにはふさわしい状況だったのかもしれないと思うと,これもまた感慨深いですね.

ちなみに,このような状況の中でも,私が見る限り空席はほとんど存在しませんでした.やはりプロデューサー,訓練され過ぎではないか.しゅごい.でもまぁ,行くよな.毎度毎度最高だもんな(信者並感想)

ちなみに今回初日は知り合いの方と一緒に入場したんですが,その際の「屋根があるからライブ最高です」という発言は名言として後世に残していきたいです.

 

 

二日目は傘もかっぱも持っていったけど使う必要がなかったので最高でした.

 

身分証の提示について

また,身分証の提示について,本当にこれで転売防げるのかねと思ったんですが,結論から言うと,これだったら転売チケット減るだろうなと思いました.あくまで個人的な体験なので,他の人はどうか分かりませんが,会場入場時には結構ガッツリと身分証を見られました.

身分証確認の流れとしては,身分証とチケットをお兄さんに渡す → お兄さん,チケットの名前を確認する → チケットの名前と身分証を確認する → 身分証の顔写真と私の顔をガッツリ見る → チケットもぎって半券と身分証を渡す という感じ.

流石に30秒はかかっていませんが,体感で15秒はかかっていたと思います.チケットをもぎるお兄さんにも依るんだと思いますが,まぁ普通に考えてこの状況で身分証違うのに入ろうとするのは無理でしょうね.ごまかせるとは思えませんでした.

それと,私は写真付きの身分証であったことから比較的スムーズだったんですが,これが写真付きじゃない場合は更に時間がかかった人もいたらしいそうです.会場に早く入りたいなら,早めに並びだすのも当然ですが,写真付きの身分証を準備しておいた方が良いかもしれません.とは言え,どうしても時間がかかるわけですから,今後は入場開始時間自体が早くしてほしいですね.

 

 

楽曲のお話

さて,そろそろライブ本体のお話に入っていきたいと思います.まずは印象に残った楽曲それぞれについてざっくり.の前に,そう言えば一つあった.

 

SNICKERS

小見出しにしておきます.今回から協賛企業にSNICKERSが追加されました.初日の協賛企業読み上げの時に誰かが「お腹が減ったら〜」と言ってその後に全員で「SNICKERS」の流れはかなり笑えました.これでSNICKERS買う人また増えそうな気がします.というか私も今更になってスニリプチャレンジしてますし.

 

 

それでは,今度こそ楽曲のお話へ.

 

 たくさん!

前半で個人的に一番尊さを感じたのはやはり「たくさん!」.すみペがMCでも話していましたが,アーニャはこれまでバラード系の曲が多くて,振り付けもそんなにこう激しく踊るようなものがありませんでし.そのなかで今回のような曲が入ってきて,新しいアーニャのいち面が見れたのは本当にそれだけでまぁ,最高だったわけですが,それが振り付きでこう,目の前で見させられると本当に素晴らしくてですね.アーニャも楽しそうで何よりですという,何でしょう,上京した娘が楽しそうに仕事しているのを街で見かけた気分というのでしょうか.とても穏やかな気持になりました.最高ですね.はい.

あと,振り付けの一部でスカートの両端を持つ仕草をするんですけど,これが本当にかわいくって.もう,好き.好き.ちょっとぴょんぴょん飛んでる感じも楽しそうで本当に好きです.好き.思い出しただけで語彙力が失われるぐらい好き.アーニャPは絶対円盤買えよほんと.

 

ミラクルテレパシー

それと,今回久しぶりに聞いて「おっ」と思ったのが「ミラクルテレパシー」なんですけども.私はこれまで3rd,4thSSAとこの曲をライブで聞き続けているんですけど,鈴木絵理さん,どんどん歌上手くなっていませんか?個人的な更に声が張ってもっとパッション感が出ている気がして,歌自体はこう,まぁ,なんというか,ユッコの曲なので自由極まりない感じなんですけど,その中でも芯がある気がして良かったです.こうなると生でもっとガッツリと歌を聞いてみたい気持ちがあるんですけど,ユッコの2曲目も似たような感じになりそうな気はなんとなくしてしまうんですよね.できればこう,エスパーの本気が聞ける曲を見てみたいです.

あと,もはやライブ恒例になりつつある間奏中のパフォーマンスですが,今回は投げキッスでしたね.初日は杜野まこさん,二日目は金子真由美さんが投げキッスしたんですが,ふたりともやりたくない感満載で笑いました.あと,毎度思うけど杜野まこさんのパフォーマンスというかMCは本当に熟れている感じがあっていいですね.何言わせても上手い感じがあって,凄い.見習いたい.

 

Nocturne

そしてその次の「Nocturne」への入り方ですよ.エスパーパフォーマンスでちょっとみんな笑って油断しているところに,あの初っ端の「デーデン」が流れた時のスイッチの切り替わり方,そしてポップアップから出てくる出演者の様相にもう,テンションの上がり方が,あれはうなぎのぼりにも程がありました.最高かよ.

そしてこの曲の振り付けがまたたまらないんだよなぁ.マイクとスタンドを使った振りがまさしくクールの権化といえるほど.また,ステージの中央の城のディスプレイのそれぞれのメンバーがマイクに向かって歌っている様子が写ったのも超絶かっこいい.イメージとしては,アニメなんかでよくある,画面を幾つかに分けてそれぞれで登場人物が決め顔しているシーンって言うんですかね.ネットの拾い物なので,著作権的に怪しいんですけど,イメージとしては以下のような感じ.

 

f:id:hagyou:20170517104926j:plain

f:id:hagyou:20170517105635p:plain

※ ↑ちなみにこれは両方共シンフォギアGXですね.好きです.

 

それぞれの枠?の中で出演者一同がマイク+スタンドを持ちながら顔アップで歌っているのが激熱すぎて震えました.この魅せ方が今回のライブでいちばん好きだったかもしれないです.

そして曲の最後はスタンド部分を持ってマイクを上に掲げるポーズをして,そのポーズのまま逆光になって終了だったんですが,これもむちゃくちゃかっこよかった.何かのバトル漫画のラストでも見ているかのような,凛々しさと誇らしさと強さを感じました.まじ,惚れるよあんなの.

 

One Life(というか千菅春香さんについて)

CDの時点から分かりきっていた話ですけど,かっこいい.ちっすー,超かっこいい.曲に入る前の客に対する煽りも最高なんだけど,歌い出しからCD音源を超えている.この歌唱力の前には何人たりとも勝てないのではないかと思えるほど.なんだか,思ったんですけど,涼さんのCVつかなかったのって単純にこのレベルのボーカルができる声優さんがいなかったから何じゃないの?と思えるほどにクールでした.それぐらい納得させられる力がある歌声でした.

他にもちっすーが出ていた曲(Nocturne,Nation Blue,純情Midnight伝説)は最高だったわけですが,特に純情Midnight伝説のあのサビ前,「きらめく星屑の海〜」からのコールの煽り方最高にかっこよかった…….あれに合わせて声を出す快感しゅごい.もう,やってほしいことを丁寧にキメてくれる安心感があって両手を合わせてありがたがるレベルでした.大阪公演にも出演されるということで,楽しみが一つ増えました.はぁ〜,楽しみ〜.

 

気持ちいいよね一等賞!(なんだけど桜咲千依さんについて)

一等賞は曲単体のコールが楽しい曲でもあるんですが,やはり曲が始まる前のパフォーマンスも見どころでして.今回はメンバーに松嵜麗さんと杜野まこさんが揃っているということで,これは3rdのアレがパワーアップして見られるんじゃないかと思っていたんですが,今回は初日に鈴木絵理さん(ユッコ),二日目に桜咲千依さん(小梅ちゃん)という初顔合わせ二組という形になりました.まぁこれだけでも楽しかったんですけど,それ以上に個人的に印象的だったのは,まっこもっこさんがホームラン打った後に曲が始まった時の桜咲千依さんなんですよ.

 

 

そう,そうなの,たまたま私の席から見やすいところにちょこたんが居たんですけど,みんながコールして前奏終わるまでリズミカルに両手上げてぴょんぴょん飛んでたの!もう,キュート.かわいい.円盤で写ってるかな…….多分写ってないと思うんだけど.今まであまり意識していませんでしたけど,こういう形でステージからはけるギリギリまでパフォーマンスしているのって,実は他にもたくさんあるのかもしれません.この細かい仕事ぶりに演出の方の心意気を感じましたし,もちろんちょこたんかわいいなぁと思いました.

 

肝心の一等賞自体についても簡単に言及したいんですけど,まぁ,楽しいに決まってんじゃん.あの曲ってもう,曲や応援歌というよりも,ライブという場所で最高のパフォーマンスをするために作成されたプログラムみたいな,そういう類のものだと私は認識しているんですけど,それをなんなくやってのけるまっこもっこさんは素晴らしいなぁと.熱苦しいまでの熱さは何回やっても良いものです.激熱.山火事上等でした.

 

∀NSWER(というより早坂美玲(CV:朝井彩加さん)について)

美玲ちゃん好きとしてはやはりこちらにも言及しなければいけないなと.イントロで察したプロデューサーによって会場全体が真っ赤なサイリウムに囲まれるんですが,そんな中悠然と現れるあしゃいしゃん,そしてセンターに立ち「ここからは,うちらのターンだ!」の台詞,あの場には完璧に早坂美玲がいました.

個人的にはやはり(天気がまさしく嵐だった)初日の方が印象的で,セットリストが完全に分からない中で突然流れ出したイントロでどよめく会場,そしてそんななか出て来る美玲の流れが本当にたまらなく好きでした.外が嵐の中,まさしくアリーナの中にまで個性の嵐を運んできた格好で,もう一回あの流れ見たいなぁ,と.美玲Pで会場言っていた人はみんな大満足なんじゃないでしょうか.

ちなみに今回は歌うメンバーとして他に佐藤亜美菜さん(ありすちゃん),桜咲千依さん(小梅ちゃん)が居たんですが,この二人はキュート兼クールという感じでこれはこれで良い……良いのです…….元の声がやはり可愛い寄りなので,それ+クールって感じなんですけど,でも朝井彩加さん(美玲ちゃん)の声は,どちらかと言うとクール+キュートって感じなんですよね.逆.かっこよさの中に可愛さがあるというか,そんな感じで,個人的にはこちらがやはりこう,くるものがありました.どっちが上とかそういう話じゃないんですけど,やっぱり持ち歌を本人が歌っているのは素晴らしいなぁと.

やっばいなぁ,早くフルのCD発売しないかな.というか,ライブ盤のCDがほしい.売ってくれほんと.早く売ってくれ.もうここ数日ずっとCD待ちなんですよ.早く発売してくれ.

 

あんきら!?狂騒曲

まぁね,もう世間で既に語り尽くされている気がするんだけど,このライブ,あんきら好きにはもう,的確すぎて処方箋なのではないかと思うぐらい効いていると思うんですよ.なんでってのは,わざわざ言及するまでもないと思うんだけどさ.この曲,すごかったよね.イベントでは曲の1番部分までしか使われていなかったのでただの電波曲だとおもっていら,2番から尊さMAXのあんきら成分を含んでいたとは.やっぱりこの二人最高のコンビや……と再確認させてくれる素晴らしい楽曲でしたはやくCDよこせ.

それで,初日に曲自体の全容がわかって,もうこれで十分尊さに溢れていたわけですけど,その後の二日目のハグよね.

初日は曲の最後にきらりが「杏ちゃん!終わったからご褒美に飴あげる!」杏「やったー!」みたいな,なるほど納得感があるパフォーマンスだったわけですが,二日目に「ご褒美にハグあげる!」に変わっていた時のあの,あの驚きと感動ですよ.もう,分かってやってんだろお前ら!お前ら!はぁ!最高ですよほんと.ツボをわかった上で責めてくるのほんと怖いぐらい.われわれが虚空に消え去っていくレベルで良かったです.

 

 

 

アンコール後のMCのお話

楽曲の話はこれぐらいにしないと終わらないのでこれぐらいにしておきますが,今回個人的に一番印象的だったのはやはりアンコール後のMCなんですよね.もう,ほんと,泣かせに来るポイントが多すぎてほんと,止めてと言いたくなるほどでした.

 

 

今回初参加だった3人の,伊達朱里紗さんの前からシンデレラやりたかった話とか,のぐちゆりさんのキャラに対する思いとか,朝井彩加さんの「早坂美玲だー!」とか,もう,三者三様に泣かせにくるコメントでほんと,もう,ね.この三人もいきなりこんなデカいステージやる事になって,しかも客は良くも悪くも訓練されている人間たちでしょ.それでもこれだけのクオリティを出してくるっていうのはもう,そりゃもう相当な努力の賜物だと思うんです.でもその裏には当然プレッシャーがあったはずで,それでも最後までやりきっているのは,やはりプロだなと.本当に感嘆の極みです.

 

でもね,やっぱり彼女たちを含め支えていた座長の話をここではメインに取り上げたいなと思って.そう,座長,きらり,諸星きらり役の松嵜麗さんですよ.

 

こっからは完全にもう,うろ覚えを書き出しているので,ひょっとしたら違うかもしれないんですけど.でも,あの流れを全部書いておきたいので,書きますね.

 

誰かが(誰だったかもう急に思い出せないんだけど,確か伊達さんだったかな?)れいちゃまのことを座長って呼んでいて,それでれいちゃまがしゃべる順番になった時に,会場中が一斉に「座長!」「座長!」って叫び出すんですよね.

それでひとしきり収まったあたりから,喋りだすんですけど,もうこの時点でちょっと半べそな感じで.「みんな初日に驚いたと思うけど,きらりはああいう娘だから,ここに立てると思ってなくて……(うろ覚え&私もこの時点でちょっと半べそだったので)」って言い出して,その声が,あの松嵜麗さんなのにちょっと震えていて.

 

それで少し言葉に詰まったあたりで,みんなまた「座長!」って言い出すんですよ.それでもう,そのあたりから私ちょっと泣いていて覚えていないんですけど,「きらりはちゃんと輝けていましたか?」って聞かれてさ.もう,ほんとうに,ないちゃうよね.

 

 

 

ちょっとツイート引っ張ってきたんですけど,わかりますかね,彼女の強さが.もう,私なんかが想像できない思いでこの公演に臨んでいたんだと思います.MC中でも語られていましたが,みんなが松嵜麗さんのこの公演での存在感をアピールしていて.ソロ曲がないメンバーそれぞれに台詞準備するようにしたとか,みんなに見せ場を作っていたとか.それでいて自分はセンターに立ってパフォーマンスするんですよ.それってもう,常人にはとてもできないことだと思います.だから,そんな,こと言われると,ほんと,もう,こちらの感情が揺さぶられっぱなしで.

私ね,これまでシンデレラのライブって現地参加がこれで3回目なんですけど,ここまで泣けるライブは始めてでした.こんなにも出演者の想いを聞けて,それがどれだけ強いかを聞けたのは多分これが始めてだったんだと思います.

 

 

ほんとに,お疲れ様でしたと声をかけたいです.ただ,その一心.

 

おわりに

さっきもチラッと書いたんですけど,私は今回がシンデレラのライブ現地参加が3回目で(これまで3rd初日,4thSSA両日に参加しています),毎回ライブに参加する度にシンデレラガールズに対する発見があったんですよ.

初回である3rdは,私自身もそもそもライブが始めてだったので,周りのプロデューサーの熱量に圧倒されて,それでもやっぱりみんなこのコンテンツが大好きだったんだなってのが分かって楽しかったんです.

二回目である4thSSAは,もう,自分が楽しみ方をわかった上での参加だったので,まぁ楽しくて楽しくて,それでいて,ようやく出演者のみなさんがちょっとだけ分かってきて,ようやくライブそのものの楽しみ方が分かったのかなって思ったんです.

それで,今回が三回目なんですけど,今回はもうひたすらに,出演者の皆さん側も,このコンテンツが好きなんだってことがわかったんですよね.MCで松嵜麗さんはじめ出演者のみなさんがはなすシンデレラガールズへの思いって,まぁ今までもそれなりに有るんだろうなとは思っていたし,自分もそれなりに感じるところはあったんですけど,今回はライブそのものが初の出演者さんからの想いとか,やっぱり松嵜麗さんの仕事っぷりとかに物凄い感銘を受けてしまって.地方だし,出演者の数も(私が今までに出たシンデレラのライブと比較すると)少ないし,普通に考えたら,不利といったらおかしいですけど,やっぱり,上限というか,限界ってあると思うんですよ.

でも,そのなかでも出演者の想いがあったから,ここまでのライブになったんじゃないかなって勝手に思ってしまって.だから,その,なんていうのかな,この出演者の皆様じゃないと,シンデレラガールズじゃないんだなってすごく納得できるライブだったんですよね.単純に声がキャラに合っているから,というレベルじゃない,もっと上の仕事ができる人たちが演じているから,このコンテンツはここまで愛されるし,我々は愛せるんだなと,痛く納得できるライブでした.

 

本当に,出演者の皆様に,心から感謝したいです.初っ端からこんなものを見せられてしまって,もう,ほんと,このコンテンツ追いかけていてよかったなぁと思います.今後もよろしくお願いいたします.

 

いやー,それにしても驚きですよね.まだ最初なんですよ.ツアー最初からこれかよ,凄いなぁほんと.凄いよ,アイドルマスターシンデレラガールズ.もとから信者だけど,もうずっと信者なんじゃないかな,私は.マリエッティも行っていたけど,10年どころか30年ぐらいは余裕で見たい.この先も本当に楽しみです.1ファンとして,1プロデューサーとして,今後のライブも期待しています.