はひふへほ

ほだされて40年

キンプリに初遭遇した話

追記:キンプラも行きました. 

 

hagyou.hateblo.jp

 

以下,本編です.

 

こんばんは.最近熱い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか.全国的には気温が30度越えるところもあるそうで,梅雨をすっ飛ばして夏が来てしまったような気分になります.さて,夏といえばやっぱりこう,長期休暇を使って遠くに旅行に行くみたいなお話になったりすると思うんですが,どうせなら行ったことがないところに行ってみたいと思うことはないでしょうか?そう,例えば異世界とか.

なんかこんなことを書くと異世界転生モノの導入みたいですが(後すっごいわざとらしい文章ですが),お察しの通りそんなことはございません.感想記事です.しかし,まぁ,ある意味異世界転生みたいなもんですよ今回は.現実世界にいながら精神だけ完全に異世界へすっ飛んだので,今日はそんな話です.

 

みなさま,キンプリって知ってますか.

 

kinpri.com

 

少なくともインターネット界隈では昨年大流行していて,なんならTVでは朝の情報番組なんかでも紹介されるほど話題沸騰だったアニメ映画です.何がそんなに話題だったかというと,まぁ,その辺はこの動画におまかせするとして.

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

そうですね.俗に言う応援上映というスタイル,映画館にペンライトを持ち込んで実際に発生しながら映画を見るスタイルでの上映が昨年は大流行していました.なんか10回見に行くのが普通とか,そういう世界らしくってですね.

 

私も前から気にはなっていたんですけど,やっぱり女性率が高そうだし,それは置いておいたとしても,なんか複数回行くのが当たり前ってのもあって,参加するハードルが高くって,そのままスルーしていたんです.そしたら加入しているdアニメで配信が始まったということで,まぁ,周りに人はいませんけど,とりあえず見るだけ見てみようかな,という気持ちで見て見たんですよ.

 

ここからはその際の生の反応のツイートを見ていただきます. 

 

 

 

で,こうなった.

 

 

はい,そういうことです.

キンプリ,よく分かりません.このアニメ,いの一番に出てくる感想が「よく分かりません」です.もともとこのアニメってプリティーリズムだかの登場人物を主役に据えたスピンオフ作品なので,そもそもなんでこんなことが起きているのかよく分からないみたいなことがたくさん出てきます.

 

ここからは完全に心の叫びなんですけどね,なんで開始3分経たずに服が脱げるんだ!!!!!分身しているし!!!!ハグしているし!!!!!!!!噴火するし!!!!!!!!あ!なにこれ暖かい!!!!!!!!!!暖かいよ!!!!!!!主人公の名前もよく分からないけどこの「あぁ~~~~~~」って叫ぶ気持ちはわかるよ!!!分かるけど,分からん!!!!!

 

後何より,初っ端のこのフィギュアスケートみたいに飛んでるのもよく分からん.何なんだこれ,そもそもこのプリズムショーがよく分からん!何故飛ぶ!それにしても綺麗なフォームですね!!!!

 

とか思っていたら,,画面が急に映る土手.そしてそこを走る二人乗りの自転車.おい,二人乗りダメだぞ!と思っていたら例のアフレコシーンがスタート.女性キャラがしゃべらない!そして画面下にデカデカと映る細丸ゴシックの台詞!これ本当に誰も声当てていない状態なのか!これ通常上映でも台詞入ってないの!!!

 

とか言ってたら,例の「はい,ソフトクリーム」「あ~ん」じゃないよ!!!!自転車乗りながらやるもんじゃないだろ!!!!あとこの自転車で爆走したり飛んだり,もうとにかく自分の理解の範疇を超え続けていく!

 

そしてずっと言いたかった一言を彼らが言うんですよ!

 

「公道での二人乗りは禁止だよ♡」

 

あぁ~,ちゃんといけないことはいけないっていうアイドル最高だ~~~.

 

 

***

 

 

はい,こんな感じです.しかも,ここまでの内容,全部開始5分までの出来事です.

 

このあたりで主人公が「なんだこれは~!」って台詞を言うんですけどほんとそうなんだよ,なんだこれは~!

 

このあたりから完全にプリズムの煌めきに毒されていきます.自転車に乗っていると空が飛べるし,世界が輝いて見えてきます.本当です.60分程度の比較的短い本編を見終わる頃にはプリズムの煌めきのことしか考えられなくなります.

 

キンプリ,よく分かりませんけど,よく分からないなりにめっちゃ面白いです.これ,褒めてるつもりで言いますけど,多分気持ちよくなる系の薬をキメてアイドルものを見るとこんな感じになります.何もかもがよく分からないけどめちゃくちゃ面白い.

 

 

というわけで,機会があったらみたいなぁとは思います.そん時はまたなんか書くかも.