はひふへほ

ゲーム,雑記,美味い飯.時々アイマス.だいたい毎日17:30ごろ更新.

理解できるおかしい人は面白い

途中から見てアーカイブも見ました.この生放送の「俺の人生とアニメ」ってコーナーが極まっていてですね……(下記リンクが時間指定リンクなので押したら見られます)

 

youtu.be

 

やっぱりこう,ね.人が好きなものの話をしているのって良いよね.なんだかわからないけどすごく良い.でも,なんでこんなに面白いんだろう.とかちょっと考えていました.

結論はタイトル.あんまりこういう言い方をするのは適切じゃないんだろうけど,出演者の方々はポジティブな意味で狂ってらっしゃるんだよね.およそ常識的な範疇の人間では到達しないような思考・見解を持っているから面白い.

でもこれって,俗に言う意見の相違だってそうなんじゃないのと思わないでもない.例えば,私はバレンタインデーがクソですと思っていて,相手がバレンタインデー最高と思うリア充だったとすると,普通私は相手に対して「爆発してほちい」と思うはず.上記したようなものだってある種そう思うところがあってもおかしくないはずなんだけどそれは起こらない.

この理由は言うほど難しくなくて,要するに思考・見解が自分が持っているものと十分に離れているから.たぶん私がSAOガチ勢で出演者の方々と完全に見ている部分も一緒で解釈が異なっていたら「違うだろー!」が発生するはずですが,そこまで見ていないのでそんなものは発生しない.

結局のところ,人間って面白いと思える範囲はそれぞれ限度があるはずなんですよね.そしてその範囲は自分の考えから絶妙に外れた部分なんだと思います.たぶん離れすぎると,「何言ってんだこいつキモい」になる.具体的には「オタクキモい」みたいな話ですね.自分が考えたこともないとんでもない部分で急に話をされると拒絶反応が起きちゃう.

だから,面白い人っていうのは,自分の常識から外れているんだけど,外れすぎていない部分にいる人,要するに,理解はできるけどおかしい人,なんだと思います.この範囲にうまいこと落ち着くことができるのが理想.ただ,お察しの通り理解ができるけど常識から外れているって,あんたそんなことできんのかって話なんですよね.常識なんて当然人それぞれだし,それが簡単にできれば苦労しないよなぁと.

 

まぁ,いろいろ考えていますって話です.そんな記事です.結局こっから先に行くための努力をするしか無いんだよな…….ううん.難しい.