はひふへほ

ゲーム,雑記,美味い飯.時々アイマス.だいたい毎日17:30ごろ更新.

本屋はその存在がエンタメだと思う

結論から書くほうがいいって言われたので結論から書くと,久々に本屋に行ったら1時間半時間を溶かしたけど幸せだったという話です.

世の中には本屋さんというやつがあります.すごく便利です.沢山の本が置いてあってその本の中身を見て買うか買わないか決めることができます.

なんて,アホみたいに聞こえるかもしれませんが,ネット通販バリバリ使うようになっているとこのメリットが痛いほど伝わってきます.自分の知的水準とその本があっているか,裏表紙・背表紙はどんな感じか,その本は書店でどれ位取り上げられているか,そういうことを確認できるのすげー楽しいですよね.

あと,今回一番感じたのは,平積みじゃない棚の本棚の隙間,あれめっちゃワクワクします.そこに本が存在していたんだ,だれかが平積みじゃなくて背表紙のタイトルを読んでその本を買うか決めて本を取り出して買ったんだ,というその一連のエピソードと言うか,そういうのが想像できて楽しくなってきます.ついでにいうと,そこにあった本を私は見ることすらできないという悔しさと言うんでしょうか.本の残り香を感じることはできるんだけど,その本がどんな本なのかはわからないまま生きて死んでいかなければいけないんですよ.その悔しさと言ったらもう,ねぇ.

まとまりがないですが,そんな感じ.すいません,ちょっとヘロヘロなのです.体力が足りない.体力が.体力.体力が回復する本でも探しに行きますか?でもそんなコトしたらまた2時間ぐらい溶けるからね.やめてーたのしいけど疲れるのはもう嫌なのーやめてー.