はひふへほ

ほだされて40年

10秒でトーンポリシングが分かるフローチャートを作った

日曜朝の比較的真面目な記事です.どうもおはようございます.

 

note.mu

 

 

togetter.com

 

ここ一週間ぐらいの間にTwitterで議論されていたこれ,ご覧になった方いらっしゃるでしょうか.トーンポリシング,日本語に直訳っぽいことをすると,「話し方警察」と言われるやつです.何かしらの主張をするときに「そういう言葉遣いはだめでしょ」みたいな事を言うのがトーンポリシングの代表例だそうで.要するに,主張そのものではないものを批判するのはナンセンスだしズルいやり方だと言っているのがこの記事(だと私は解釈しているんだけど怪しいなぁ……)

 

と思ったんですが,なんか文章にするとわかりづらすぎるので,トーンポリシングフローチャートを作りました.

 

f:id:hagyou:20170618104220p:plain

 

要するに,何らかの主張を持った人がいて,その人の話を聞くときに,「この人が冷静かどうか」を考える事自体がアウトって言いたいのがトーンポリシングなんだろうなと思いました.

 

 

長ーいおまけ

ここで終わらせときゃ良いんだけど,ねぇ.僕はうざい人なんですよね.こんなフローチャート作っておいてあれだけど,僕はこの理屈クソっぽいなぁという気持ちがジャカン存在しています.こんなブコメしていますし.

 

「冷静に」なんてなりません!|Erin|note

そもそも感情的かつ筋が通った話ってできるんだろうかと思ってしまった.単に私がこれまで感情的でなおかつ筋が通ってない話ばかりを聞き続けているだけなのかもしれないけど.

2017/06/16 11:11

b.hatena.ne.jp

 

ぶっちゃけこのnoteの記事を読んだときの最初の感想は「何言ってんだこいつ」でした.その辺のもやもやを短めに書いてみようと思います.

 

大体,言いたいことは貼ったブコメの通り.そもそも感情的かつ筋が通った議論をしている人,いるんでしょうかね.そういった感情を出すレベルで主張したいことがある人,怒らないとやってらんないぐらいに主張したい人に遭遇したことがないので,そういう意味ではこの理屈を批判しちゃマズいのかもしれませんが,ひとまず言いたいこととしては,とりあえず私はそういう,筋が通ったまま冷静さを失っている人々というのにあったことがありません.

というよりも,むしろこの,感情的かつ筋が通った意見を持って主張する人がいるケースってそもそも発生し得ないのでは?と言うのが私の意見です.議論中に感情的になっちゃう人って大体の場合,自分の理屈を否定されて感情的になることが多いんじゃないでしょうか?自分の意見の穴を突っつかれた結果,「なんで分かってくれないの!」「うるさい」「失せろ」「だからなんだ(これはもはや開き直り)」などと,それこそ冷静になるべきことをガンガン言っちゃう人が出てくるわけですよ.(これらは実際に遭遇したことがある冷静さを失った人々から出た言葉です)

だから,私が思うにトーンポリシングの発生原因って,自分の意見を主張する際に,自分の意見が原因で,自分から冷静さを失って人々にあると思うんですよ.「冷静になれ」と言われる原因は,否定されたらすぐに冷静さを失ってしまうほど弱い理屈で主張をしている側にあるんじゃないのかなと.

だからまぁ,そういうのが発生してほしくないと思うなら,トーンポリシングされたくないと思うなら,もっと理論武装してから主張すれば良いんじねーのとしか思わないです.冷静さを失うような状況にならないようなぐらい,何言われても「いや,あなたのその指摘はおかしい」と言えるようになれば,それで問題ないんじゃないでしょうか.

 

と,ここまで長々書いてきましたけど,この前提がそもそも間違っていた場合も考えられるわけで.

私が今までつらつら書いていたのは,これまでの経験から,トーンポリシングしたくなる状況は議論の最中,なおかつ自分の意見を否定された人が感情的になった場面のことを書いていたわけです.要するに,それ以外の場合については今まで話したような話はそもそも当てはまらないわけで,的はずれなんですよね(とは言え私はこれを前提にしていいと思うぐらいに,こういう人しかいないと思っているのですが).

なので,上記した以外のような場合,つまり,冷静さを失いつつ,口汚い言葉を使いつつ,筋が通った意見を主張する人が仮にいた場合,その状況で「冷静になれ」「もっときれいな言葉を使え」というトーンポリシングをするのは,間違いなくアウトです.それをやっちゃいけないという意見には,私も大いに賛成だったりします.その方の意見はもちろん尊重されるべきであり,それを聞かないのはまさしく記事中で言われていたトーンポリシングそのものであります.まぁそんなことないと思うんだけど.

 

ちょっと脱線しますが,私の大好きな一ノ瀬志希大先生もこのように仰っております.

 

f:id:hagyou:20170618110454p:plain

 

f:id:hagyou:20170618110508p:plain

 

人間が感情自体を無くすことなんてのはありえないですし,それを完全になくして主張したり議論したりをできるかというと,まぁそういうことは無理なんだと思います.ただ,だからといって,その感情を盾にする形でトーンポリシングされることを批判するのは,ちょっとまずいんじゃないかと思うわけです.

冷静じゃいられないぐらいだけど,その裏に筋の通った主張を持っているならいいですよ.でも,そうではない,はたから見ると何言ってんだこいつみたいな理屈で主張をして,それを否定されて,冷静さをうしなってしまうような人がトーンポリシングを主張しているのは,自分の感情を盾にして自分の主張を押し通そうとする碌でもない行為だと思います.

 

なんか,長々書いちゃったんですけど,私はこの記事で,トーンポリシングを批判するという行為は同じだとしても,それを行うまでにどんなものを経由しているかはとても大切だと言いたかったのです.「冷静になれ」「言い方を変えろ」と言われたらとりあえず「トーンポリシング!トーンポリシング!」と言い出せるほど単純な話ではありません.トーンポリシングを批判するというのは誰もが使えるカードではなく,自分の主張をそもそも聞いてもらえないような場合とか,相当限定的な場合にのみ使えるカードなんじゃないでしょうか.

 

 

 

 

 

久しぶりにながなが書いてしまいましたが,私は一ノ瀬志希さんと結婚したいという感情をもっています(唐突な求婚).以上.

 

シンデレラガールズ5thライブ大阪公演の感想.体重が減るセトリで健康管理までできるアイマス最高かよ

注意:この記事は1日目を終えた時点で書いたものです.2日目の内容はそのうち追加で書き加えます.ご了承下さい.

追記:2日目終えたのでいろいろ追記しました.楽しかったなぁほんと…….読み直ししていないのであとから編集するかもしれませんが,とりあえずこんな感じで.

 

はい.大阪公演でした.お疲れ様です.今回は現地参加ということで,しかも担当がいるということでもう,最高になりうるのは分かりきっていたんですけど,まぁ,最高でした.ので,その辺書いていきます.

  

今回はセトリ順に書いていきます.分かりが深いことが多すぎて.やっばいんだよなぁほんと.いつも通り,印象的というか,私が尊さを感じた部分を重点的に書いてきます.書かなかった曲は,これまでの記事で書いていたりとか,あと,その声優さん自体に後ほど言及しまくったりするので,そのバランス調整みたいなアレで書いていますが,まあけっきょくわたしの裁量だから勘弁してください.じゃあ,行くぞ!

 

 

FlipFlop

宮城公演があったせいもあってか,松嵜麗さんの声を聴くとパブロフの犬が如く感動する人間になってしまったんですが,ほんっとなぁ,いっちばん笑顔が好きなんだよなぁ.あと,何回見てもね,麻夏さんはこう,好きよね.言い様の無い感情を掻き立てられる.私がただの気持ち悪いおっさんになってしまう.いぇーおーしてしまう.

あと,何と言ってもライブ初参加のひよりさんでしょ.あまりに馴染んでいるというか,すっっと居るもんだからぶっちゃけ最初もう参加していたもんだと思ってしまったもの.なんだろう,いい比喩じゃないんだろうけど,笑点春風亭昇太が来た時のあのすっと入っている感じ.あれが一番近い.素晴らしいと思います.

 

 

モーレツ★世直しギルティ

今回は早苗さんCan't Stop来るとばかり思っていたけど,まさかのこっちだったかぁという感じでした.セクシーさとおバカさの加減が絶妙だねこの曲.結局歌詞全部は聞き取れなかったけど,みんなダメ♥ダメ♥ってコールしていたし.だいたいボン・キュッ・ボンじゃないんだよ.何なんだよほんと.この曲,超楽しかったけど,冷静に振り返れば振り返るほど,ほんと,なんで存在しているのかよくわからない曲だ.しかしそんなことはどうでもいい!だってセクシーだから!

そうそう,当然の話ですが,会場に居たPはみんなえりぴょんの例のビームで胸をうちぬかれて死んでいます.私も一度死にました.ご愁傷様です.どう踏ん張ったってあんなの耐えられるわけ無いだろ!ほんと最高すぎるんだよなぁ!

 

↓ここから二日目

フルをようやくちゃんと聞けたので歌詞に「ちょい待って! そのコール 自分だけが楽しんでない」が含まれていたのに気づいて笑いました(文字で見ていないから本当かどうかは分からん).

それと,早苗さんが2番サビ前台詞で上四方固めをしていたことも知覚できたので共有しておきたい.あれは笑う.そのうち本当に誰か固めたりするんじゃなかろうか.

 

NUDIE★

世直しギルティとの間でMCがあったんですけど,その時にこう,「セクシーは秘めるもの」との言及があったんですよ.もう,秘めたセクシーはカリスマギャルが当然のように体現してくださいましたという感じ.「お前ら,これがセクシーだ」と言わんがばかりの(秘めてるから言ってないんだけど)色気を感じる.おねーちゃんやっぱり最強ですわ.どことなく4thのときより楽しそうだったし,何より可愛い……曲の最後のるるきゃんの顔とか,あの,分かるかなぁ,ギャルピースっていうか,美嘉姉が顔の近くで手を作ってポーズするの有るじゃないですか,ほんと超美人……すっげぇ可愛いし,かと言ってかわいいだけじゃないし,二文字で表現すると,好き…….城ヶ崎莉嘉担当としてやっぱりこう,リスペクトせざるを得ないよね,もうね,ブルーレイ発売したらわかると思うけど,1フレーム単位でカリスマギャルだからな.どこで止めても城ヶ崎美嘉だからな.これから見る奴ら覚悟しとけよ.ほんとずっと見ていたかった.

 

↓ここから二日目

あのね.もう,話題になっていたから言っちゃうんですけど,家虎がいたんですよねこの曲.初日も二日目も.ただね.

 

 

もうね,二日目になると,るるきゃんに魅せられてそもそも家虎を知覚できないんだよね.ツイートでも書いていたけど,まさしくこう,塵?なんですよ.圧倒的にカリスマ過ぎて.サビ前ののあたりで顔の近くで指を一本ずつ折っていくような振りとかさ,貫禄ありすぎてもう,その後の訳わからんノイズが本当に耳に載っからないんだよね.その後で近くできるというか,あまりにも魅了されすぎて声が遅れて聞こえてくる的な.だからね,家虎やった人はあれだよ,いっこく堂?(別にいっこく堂さんをdisる意図は一切ない).ほんと,逆に曲と城ヶ崎美嘉の能力を思い知った感じがしていて,僕はすっごい楽しかった.もう一回見たい…….早く円盤を…….

 

薄紅

秘めたセクシー枠2人目.立花様静かに大暴れです.曲目は静かだし,振りだって静かな方だけど,こんなの見たらもう,みんな惚れちゃうよな.俺中学生の時にこれ見てたら多分その先数年間ぐらい立花様の事以外考えられ無かったんじゃないかな.大変,大変に美しかったです.アレはダンスとかライブとかパフォーマンスとか,そういう言葉よりやはり舞とか舞踊とか,そういう類の,それこそはんなりさ,奥ゆかしさが有るものでした.あのね,さくらの花びらを表現したような手の動きとか,ほんっとしなやかで見ていて心地よかった.まぁ,惚れるよなぁ……立花様だもんなぁ…….

 

青の一番星(というよりルゥティンさんについて)

秘めたセクシー枠3人目.扇子を使った踊り,最高だと思います.すっごいこう,表裏にするといって,伝わるかわからないんだけど,表見せて裏見せてを繰り返す当たりのふりとかすっごい良かった.あと,個人的に曲最後の決めポーズ,ダンサーさん4人に囲まれて扇子でキメている感じが大変好きでした.ほんと,周子ってなんなんだろうな.いい表現じゃないけど,城ヶ崎美嘉の対偶とったら塩見周子になる気がする.そしてそれがとても魅力的.良かったですね.

あとね,MCから漂うルゥティンさんのしゅーこはん臭がすっごかった.「ほんとは真面目なんだからね!」とか言ってるあたりとか.でもやっぱり,真面目さは全面に出てこないというか.真面目なんだけど少し抜けている(というよりわざと抜いている)感じが出ていて,この方が周子のCVやっているのがものすごく納得行く内容でした.フェス限SSRください.

 

↓ここから二日目

初日のMCで,「失敗するかもしれない,扇子を一気にバサッと開く振りを加えた」と言っていたので,それが見たくって曲序盤からろくにペンライトも振らずに食い入るように見ていたんですけど,たしかにやってらっしゃった.あの「輝いた〜」から曲入っていく時に音楽に合わせてキリッと開いてらっしゃって大変良かった.

 

www.youtube.com

 

この動画の17秒〜18秒あたりの「デデン」ね.最高でした.

それと2番の「もっと前に出ないと ちょっともったいないよね」あたりから声量大きくなって周子が本気出した感じがしていて,個人的に大変鳥肌が立ってしまいました.やはりシンデレラガールは違う.もう,本気出したら我々は為す術なく魅了されるだけ.

 

桜の頃

今回の3人が居た時点で,来てもおかしくないなとは思っていましたけど,本当に来てくれてとても嬉しかった.サビに入る時にバックのモニタの桜吹雪が舞う演出がすごくよくて,デレステのMVに近い雰囲気出していました.フルの公開が今回初だったので歌詞ちゃんと聞けなかった(というか3人見るのに必死で頭入ってこなかった)ので,はやくCD発売してほしいという気持ちです.

 

エチュードは1曲だけ

駄目!駄目!Pがみんな堕ちる!ダメ!そんな目でみんなみちゃダメ!ダメ!もう,曲の刺激が終始強すぎるんだよなぁ!あとカメラワークが「とき とき ドキ ドキ」で一人ひとり抜いてモニタに映すんだけど,この見せ方も刺激が強すぎるんだよなぁ!みんなキメッキメでさぁ!ほんともう…….

あと曲後半の台詞,ちっすーが男性っぽい声で「1曲だけなら,大丈夫さ」って言ってて,これはまた堕ちる人増えたんじゃないでしょうかね.はい,私です.やっぱりちっすーはこういう声出したら新の王子枠狙えるんじゃなかろうかと思います.

 

↓ここから二日目

初日更新分↑でちっすーは王子枠狙えるみたいに書いちゃったんだけどね…….あのMCのせいでね……(後述します)

Twitterで「麻夏さんの振りがキレッキレでやべぇ」みたいなツイートを見かけたのでこちらもガン見したんですけど,本当にすごかった.実は二日目は立ち見参戦なんですけど,

 

アタシポンコツアンドロイド

大阪城ホールで女性声優に数千人単位の人間が裸になることを強要した事案発生.って言いたかっただけです.みんなでやる「なっちゃえ〜」は楽しかったです.はい.

 

華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~

これを見にはるばる大阪に来たといっても過言ではなかったんですよ.ほんと,ほんとねぇ.待ってた.ソロ曲やる蘭子をもう一回見たくて仕方がなかったんです.相変わらずらんまたその歌唱力はほんと,凄い.出るとこ出るって言うと別の意味が生じそうですけど,出すところの声量がガッツリ出ていて聞いていてCD音源でしたっけこれという気持ちになりました.

声優名義で歌っているライブとかも実は現地に行って見たことあったりするんですけど,その上で言えるのは,声,違うんです.ちゃんと蘭子なんですよもっとこう,キュートよりと言うか,可愛いよりの声に寄せていてあの歌唱力だからね.

あの「裁きを」を,緑色の照明浴びながら言っているのも超絶かっこよかった.やっぱり蘭子ちゃんは結構頻繁に超絶キュートになりますけど,属性クールだったのを再確認できるクールさでした.

そして例の台詞後にポップアップ下から小梅ちゃんが出てきてらんこうめで歌いだす演出も良かった…….ちょっと驚きすぎて数秒知覚出来てませんでした.バックで歌っている小梅ちゃんもよかった…….なんというか,もともとこういう曲だったんじゃなかったっけと思えるほどに馴染んでいました.この二人のユニットの曲はまだでしょうかね.ほんと,出してほしい…….

 

↓ここから二日目

初日は小梅ちゃん登場シーンがあまりにも衝撃的すぎて全然見られなかったのでもう,台詞の当たりから,ポップアップの当たりをガン見して確認していたんですけど,

「この深淵に咲く華を,貴殿らに裁くことは出来無い」あたりで出てきて,そこから蘭子の右隣(我々から見てひだり)に歩きつつ

 

蘭「我を裁き」小「私に触れ」

蘭「我を罰し」小「私に囁き」

蘭「我を赦すのは」小「私に微笑むのは」

 

二人「「そう,あの人だけだから」」

 

あ〜!らんこうめ様!あ〜らんこうめ様!(例のお客様のAA)ちょっと,それは刺激が強すぎます!ぼかぁもうだめだぁ.冷静に見られない状態でもダメだったけど,こんなことしていたことをちゃんと知覚できてもダメです.ダメダメ.でも,ほんと担当していてよかった…….蘭子ちゃん,超のびのびしていた…….二日目の「裁きを……」も最高にクールだった…….やっぱりなぁ,ウチの担当は最高なんだよなぁ!

 

 

そんでねぇ,この曲辺りからセトリがほんとこう,「お前ら太ってるんだろ?ちょっと痩せてかない?」みたいな感じになってきてですねぇ…….

 

PANDEMIC ALONE

そもそも曲が発売された時点で「この曲ライブでやったらどうなるんでしょうね」という懸念に溢れきっていた曲だったんですけど,まぁ,はじまってみたら,文字通りさっつん,会場を支配していた.会場が爆発していました.山火事なんてねぇ,そんな生易しい言葉であの様子を表現しちゃダメですよ.もうね,火災.災害.disasterですよ.もう,我々Pにはどうすることも出来ない熱さが大阪城ホールを包んでいました.

曲はじまった時のあの,(さっつん曰く)無防備な星輝子がでてくるんですよ.おぉ,トボトボ感がすごくて,ある種森久保に近い臭いを感じて,これはこれで可愛かったりするんですよ.でも,そこからの「きのこじゃなかったのかー!」からの豹変っぷり,あのスイッチが入る感じとさっつんのシャウトとそこから繰り出される超絶ハードなサウンドと歌声,大変にかっこよかった.なんだろうなぁ,ブログじゃ伝わらないんだけどさ.CDの音源が「ひゃーはー」だとすると,ライブ会場は「ぃぃひひぃやああああはぁああああああああ」なんだよね.もう,生だから迫力がぜんぜんちがう.音に殴られるって多分こういう経験を言うんだと思う.

会場もみんな赤のペンライト+UOって感じで,テンション激上げのパッション曲にもう一曲とんでもないやつが加わったなと言う感じでした.

ちなみに,1番終わって2番に入る時にUOを下げるプロデューサーが多くて,あぁ,やっぱりこの人達プロだと思いました.もちろん私も見習って腕下げて赤だけふってました.

 

 

Lunatic Show

ハードなさえはんが煽り文句言いながら出てきて大変興奮しました(他意は無い).あとさっつんがこっちでヒャッハーしていて最高でした.さえはん・涼さんペア,コウメちゃん・輝子ペアがそれぞれ目線合わせたりしていて個人的には大変よさみにあふれていました.さえはんと涼さんの組み合わせってそんなに無かったと思うので,サイゲは今後増やしてください(命令)

 

↓ここから二日目

うろ覚えなんですけど,さえはんの「本気はまだまだこんなもんじゃないでっしゃろ(興奮しすぎて特に語尾がうろ覚え)」 がやっぱりこう,好き…….ってなりました.はい.単純に台詞をブログに残したかっただけです.

 

サマカニ!!

ぼかぁなぁ.城ヶ崎美嘉さんの照れ顔が本当にすきでなぁ.あの,有名な劇場の「セミかしら?」とかを見て「速水奏さんありがとう……ありがとう……」「このセミ,可愛すぎでは…….私の部屋のベランダに飛んできたりしてくれませんかね」みたいなお気持ちになっていた程度のドクズなんですよ.

今回のサマカニね.センターがるるきゃんでね.歌詞の内容も有るじゃん.もう,美嘉姉デレッデレというか,カリスマギャルなのに翻弄されまくッてる感じがあってさ.表情も歌の声色ももう,焦ってるんだよね.

 

すっごい好き…….

 

なんだろう,この気持ち.わからないですけど,ほんと,可愛かった……あした見る人はみんなるるきゃんの顔と声聞いててください.好きだから.堕ちるぞ.

 

↓ここから二日目

またるるきゃんの話でごめんなさい.ほんと今回のライブでちょー好きに なってしまったので二日目はるるきゃんばっかり見ていたんですごめんなさい.

初日MCで,「川島さんの『そう! shall we dance?』が好きすぎて,どう美嘉にしようか悩んだ」ってるるきゃんが言ってたので,じゃあどう美嘉になっているのかと思ったら,さぁ.カリスマギャルはっちゃけすぎでしょ……最高かよ…….

具体的には,ステージ脇のモニタに移りきらないほどの激しい振り!ジャンプ!そして手を前に突き出して必死のアピール!かぁ〜,たっまんねぇなぁ!(おっさんがビーチの水着ギャルを見てつぶやく風).初日にも言及していましたけど,ちょっとカリスマが恥ずかしがっている感じがあってほんと尊さに溢れきっていて僕はもうなんなんだろう…….莉嘉〜,おねーちゃん最高だな〜.ほんとな.わかる〜.

 

 

はい.楽曲の話はこんな感じでした.もう,ほんと文章ではないですね.思考をそのまま書き起こしているだけです.でも,「わかる!」が一つでもあったらうれしいなぁという気持ちです.

タイトルの体重が減るセトリは,お察しの通りの6曲,すなわち,

華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~ → Bloody Festa → PANDEMIC ALONE → Lunatic Show → Wonder goes on!! → サマカニ!!

でした.超楽しかったけど汗も出まくりだったし,今までのライブで一番体力使ったかもしれない…….ほんとすっごかった…….

 

 

 

途中のMCで印象的だったこと

途中のMCねぇ…….いろいろあったはずなんですよ.あったはずなんですけど.全部持っていっちゃった人がいたじゃないですか.分かるでしょ.そらそらのキレ芸だよ.もう,彼女が全部持っていったよ.あの記憶が強すぎて他に誰が何言ってたかちょっと忘れちゃっているよ.全員正座させてるし,キレ芸を振ったれいちゃまに「やきゅう……」と言及して,れいちゃまがそれ聞いた瞬間に「このタイミングでか……」って言った時のあの顔と姿勢ですよ.れいちゃま完全に四つん這いになって必死に堪えていたのほんと,すごく申し訳ないけどゲラゲラ笑ってしまいました.ほんと面白かった.だから一門なんだよなぁ.

かすかに残っている記憶では,エチュード後のMCで内田真礼さんが「ダメダメ」をリクエストされて,実際に首を細かく横に振ってダメダメしていたのは,まぁ,担当なので,死亡です.お疲れ様でした.来世であいましょう.って気持ちになりました.

あと最後,夢色ハーモニー前のMCで,急にコントがはじまったときとかね.もちろん面白かったんですけどね.えりぴょんがぴょんぴょんしていてとても可愛かったです.そっちの方ばっかり考えてしまっていました.ずっと見ていられます.

 

↓ここから二日目

いやぁ…….初日のMCでも相当面白かったはずなのに,なんなんだ今回はほんと.

というか,ちっすー……ちっすー……着々と一門に加わっている感じが…….

 

 

そらそらがるるきゃんに「昨日のあれやってほしいな〜」と無茶ぶりしてからの

 

 

あと,その前のMCでもやっていたネタだったりすると,

 

 

この辺とか.本当に面白くて仕方がなかったです.やはり一門は偉大.

 

 

アンコールMCについて

こちらも個人的に印象的だったのって,やっぱりれいちゃまなんですよね.「今回初参加の人たちを褒めてあげてください」って言い出して.

私たちは覚えた曲があるから,新しいのだけ覚えればいいけど,彼女たちは全部覚えなきゃいけないから大変なの.だからここまでやったのは本当に凄い.褒めてあげてっていって,今回初参加の二人を完全に泣かせにきていましたよ.

もちろん,二人の話も結構来るものがあったんだけどさ.やっぱり私,れいちゃま好きだからさ.この方はすげぇなぁともう,ひたすらに感心しちゃって.声優として出るってだけじゃないんだよね.本当に舞台を作ろうとしていて.宮城公演はやっぱり,立場が座長だったからこういうことやったんだろうなと言う気持ちを私はどっかで感じていたんですけど,大阪でもこう,これだけ結果に寄与しているのを見ていると,もう,そういうことをやって当たり前だと思っていて,そしてそれを,思うだけじゃなくてちゃんと実行できる,そしてその行動が,全体にプラスになるようできる人なんだろうなと思いました.

 

それで,その後のMCで,今回初参加の新田ひよりさんが話すんですけど.その時も松嵜さんに言われた話として(ここうろ覚えで,歌鈴ちゃんだったかひよりちゃんだったか覚えていないんですけど)「会場にきている人たちは,歌詞を間違えない歌鈴ちゃんでも,ふりを間違えない歌鈴ちゃんでもなくて,ライブをえがおで楽しんでいる歌鈴ちゃんなんだよ」と言及していて.

正直結構うるうる来てしまいました.ひよりさん,確かにライブ中ほんと楽しそうだったしさぁ.先述もしましたけど,ライブ初参加とは思えないぐらい,ちゃんとこなせていたしさ.もう,及第点とか,満点とか,そういう評価する必要もないと思う.

↑ ごめんなさい,ここ,ちょっと整理できる気がしないので,あとで書き直せたら書き直します.でもほんと泣きそうだった.よかったなぁ…….この後のさっつんのMCもすっごいよくって.事務所の後輩ではじめてシンデレラに関わる方が出来たということで凄い感慨深かったとおっしゃっていて.演者さんもこう,何年もやっているとそういうことが起きてくるんだなぁと思いましたし,その上でさっつんが本当に後輩思い出あることがわかって

 

あとね…….麻夏さんのMCがちゃんと聞けたんですよ.ほんとよかった…….デレ4thの時は(多分)時間の関係でぜんっぜん喋れていなくってほんとこう,見ていてすごい申し訳無さを感じてしまったんだけど,今回はちゃんと話せていて,魔法にかかりました.はい.

 

↓ここから二日目(法子について言及,そして+α)

 お気づきの方いらっしゃったかもしれないんですけど,実は初日更新ではわざと一切法子に言及しなかったんですよ.というのも.

 

 

Cygamesがドーナツのカードを配っているから,これはシークレットで来るだろと今回の大阪公演中はずっと期待していたし,来るもんだと思って一切言及せずにあとからガンガンかけるようにしておいたんですけど,残念ながらそうはならず.個人的に結構落ち込んだりしていました.早く出してほんと.CDは法子のやつだけドーナツのプリントでお願いね.

 

それはそうと,法子役の都丸ちよさんの二日目のアンコールMCすっごい良かったですので,ちょっとそれについてだけは書いておきたい(例によってうろ覚え).

「法子になれなくて迷惑をたくさんかけた」「プロデューサーから『可愛い声付けてくれてありがとう』って手紙を読んだり,描いてくれた絵を見たりした」「今まで全然自信がなかった」「でも,今日のライブで『椎名法子役です』って,言えます!」

もう,後半で耐えられんかったよ.

アイマス声優界隈ってほんと(あくまで比喩として)化物みたいに何でもできちゃう,あるいは何でもできるようになっちゃってきた(役に文字通り憑依できちゃうレベルの方々とか)メンバーがポンポンいるからね…….その存在って当然だけど,プレッシャーになるだろうし.そういう意味で,「役です」って言えるようになるまでの時間って,多分私のようなにわかには一生わからないものなんでしょうけど.それを法子P自体も支えていて,それで今のステージがあって,その上であれだけこう,やってらしゃると思うとね.

あのライブ見ていた人ならわかると思いますけど,あの方は間違いなく,あそこにいたのは間違いなく椎名法子役の都丸ちよさんでしたよ.もう,ほんとう,お疲れ様でした.

 

それと,またひよりさんのMCなんだけど,ひよりさんが「ステージで歌えて,たくさんの人に見てもらえて,こんなにいろんな夢が一気にかなっちゃって,おわっちゃったらどうしよう」ってるるきゃんに相談したらしいんですよね.

それにるるきゃんが「この後ソロ曲がでたり,そしたら今度はその曲を誰とやりたいとか,そうやって夢が広がっていくんだよ,夢は無限大なんだよ」って言ったそうで.これもかなり,キッツかった.こういうことをるるきゃんが言うってのもまた感慨深いものがありました..結構頑張って耐えました.

と思っていたら帰り道で聞いたEVERMOREがこのMCを想起させてもう,涙腺をグッサグサ刺しまくってきてもう,ほんと何なんだよ.「先へ先へ 夢の先へ」って,ほんとうにいまの歌鈴ちゃん(もちろん法子ちゃんにも)ぴったりじゃないか.もう,どこまで行くんだろうなぁこの二人は!楽しみで仕方がない.

 

アンコールのおねシン

一つだけ言及しておきたいところがあったからここに無理やりねじ込みました.立花様の「この手を伸ばそう」の時にカメラに向かって本当に手を伸ばしているのを抜かれたのが,最高にキュートでした.以上.好き.好きです!!!!!!

 

↓ここから二日目

また立花様かよ案件ですが,カメラに投げキッスした時に死にました.というか,そのダメージがでかすぎてその後みんなが誰と何していたか忘れきってしまって,人間って,なんでこんなに不完全に作られているんだろう.

唯一覚えているのは,るるきゃんとれいちゃまがステージ中央でおもむろにチューチュートレインをやりだしたこと.会場のPちゃんたち,大変盛り上がっていました.だけど何となく一門感を感じてしまった…….いや,楽しそうで良かったんだけど,なんとなくコントの臭いを感じ取ってしまった…….

 

 

 

 

総評

ずっと私の話で,最後まで私の話で申し訳ないんですけどね.今まで結構こういうライブの感想記事って書いてるんですよ.それこそ,5thは宮城,石川も書きましたし.あと,このブログじゃないですけど,ネットに後悔したことは遭ったりしているんです.

だいたいいつもライブの感想記事って,終わったらその日の勢いでそのまま最後まで書いちゃうんですけど,正直5th大阪に関しては,今までで一番つらかった.原因はすっごい単純で,もう,お察しなんですけど.

 

今回のセトリ,ほんと体力をゴリッゴリ削っていく.

 

もうね,今へろっへろです.ほんとうにうびあーって感じです.だから,この記事書いて明日の朝読み直すのが怖くて仕方ありません.タイトルにもある通り,体重,減ってると思います.絶対減ってる.

ひたすら楽しかったけど,なんか生力まで持って行かれた気分です.こんなに燃え尽きた感覚になるライブは始めてでした.めちゃくちゃ楽しくて激熱でした.すげぇよアイドルマスターシンデレラガールズ.明日も期待してるからな.

 

二日目を終えてのまとめ

はい.両日終えてのまとめですが.今回のライブはほんと,とにかく面白くって仕方がなかったです.アンコールMCでさっつんとはっしーが笑いと笑顔あふれるライブになったと言っていましたが,本当に今回のライブは笑いに溢れかえっていました.特にMCはほんと終始笑ってばかりだったと記憶していて.

アニメではそれこそしつこいほどに笑顔という言葉が言及されていて,笑顔には力があるということはプロデューサーなら誰もが分かっていたことでしたけど,でもあれって,結局は創作物じゃないですか.だから,まぁ,作り話ではそうかもね,みたいな,若干斜に構えた見方をしていたと思っていて(アニメ本編は超好きなのであしからず).

ただ,今回のライブ参加していると,本当にそれを目の当たりにしたなぁと.やっぱり,笑いって,笑顔って,力があるんですよね.今回のライブはほんと,みんなずっと笑っていて,すっごい楽しかったんですよ.それは,もちろんMC中のコントも含まれているんですけど,それだけじゃなくって,初日にひよりさんがアンコールMCで語っていたような,アイドルのみんなが「今ステージがすっごい楽しい!」って時にしている顔とかも含まれていて.やっぱり,最強のアイドルと最強のプロデューサーたちが笑顔になったら,もう本当に最強なんじゃないかと思いました.

 

なんかすっごい語彙力足りない馬鹿な言い回しで終わっちゃったんですけど.今回はこんな感じで終了です.今回現地参加できたのは本当に良かったです.飛行機乗って飛んできた甲斐がありました.

 

次は静岡ということで,楽しみで仕方がありません.俺は「みりあも座長やるー!」ってみりあちゃんが座長やる超展開に期待しているからな!!!!

 

 

 これまでの5thライブ感想記事はこちら.

hagyou.hateblo.jp

hagyou.hateblo.jp

 

 

それはそうと,SSAのチケットください.よろしくお願いいたします.

そう!!!!!SSA当たらなかったよ!!!!!全部落ちちゃったよ!!!!連番で一人持て余している人いたらほんとツイッターでもこの記事のコメントでもいいから連絡ください.本当に必死です今.よろしく!

 

 

 

 

おまけ

 

 

ライブに現地参加するなら食べすぎても大丈夫だよ!と言ったところでしょうか.

自宅に帰宅して体重図ったらここ4日で1kgぐらい減っていて(単なる水分不足の可能性もいがめないが),ライブの後に体重が本当に減少していたことは記載しておきたいと思います.すぐに痩せたいならシンデレラガールズのライブに参加しよう!

 

以上です.

仮面ライダーアマゾンズを見ましょうという話

www.superhero-year.com

 

おい!アマゾンズだぞ!!!アマゾンズ!!!!!!!見てないのか!!!!まだ見ていないのか!!!あれを!

 

もうね,今日は仮面ライダーアマゾンズを見ましょうっって話です.酔っ払いながら書いているのでもう,何書いているかよくわからないんだけど,とにかく見たほうが良いです.めちゃくちゃ面白いからね.

 

私はそもそも仮面ライダーを全然知らないし,ぶっちゃけアギト,クウガ,カブトあたりで終わっていて,最近のダブルだったかの「お前の罪を数えろ」だけ知っている程度なんですけど,もうね,そういう人でも絶対楽しめます.そういうの全然関係ない.そもそもこの作品,一切「仮面ライダー」という表現が出てきていない.作品名以外で一切仮面ライダーと言ってないんですよ.だから,そもそもこれは仮面ライダーなのかどうなのかという感じ(というか仮面ライダーの定義ってもはや何なんだ)

 

もうね,ひたすらに,男の生き方のぶつかり合いですよ.でもね,「ある男は自分の大切な人を守るために戦う」,なんて生易しいものじゃないです.もう,ひたすらに命のやり取り.これ,完全に子供に見せちゃいけないやつなんじゃないのって言うぐらいに,一切容赦のない内容です.

 

話の展開がほんとうに読めないというか,マイナスに振り切っているんだよね.何をどう頑張っても話が幸せな方向に向かわないというか.でもその中でも,愛とか,恋とか,そういう純粋な部分もあったりして,そういうのを見るたびにこう,ちょっとだけほっこりするんだけど,ね.だいたいこういうのって,そういうほっこりを消し去ってその傷跡をえぐるみたいなことするじゃないですか.例によって,そういうことしちゃうよね.

 

これが顕著になってきたのはシーズン2にはいってから.特にここ数週間はずっとそんな感じ.先週の8話なんてもう,やばいっすからね.シーズン2の1話から7話はこれをやるための前哨戦だったのかという驚きと,ラストシーンの,もう,視聴者みんな分かってるんだけど,それを口にしちゃいかんだろうという台詞をあの表情で言っちゃうんですから,ほげぇという気持ちですよ.

 

あと,本当に,描写に一切容赦がない.首飛ぶ,体が避ける,出血はビュービュー.こういうのって,無駄に血が出るだけみたいな,意味がないグロテスクさってあると思うんですよ.でも,この作品に関しては,こうじゃなきゃいけないんだよなぁ.野性味溢れる,食うか食われるか,狩るか狩られるかをやり続ける作品では,血は出ないといけないし首はもげないといけないし人は死ななきゃいけないんだよ.

 

今週のシーズン2の9話とか,すごいよね.もう,辺り一面に転がるってレベルじゃねーぞこれ.今までのがなんだったんだというレベルで,うひょーという感じ.

 

いかんなぁ,酔っ払って書いているからほんとわけわからなくなってきているんだけどさ.楽しいですよ.アマゾンズ.今が一番楽しい.毎週金曜日に更新されるエピソードの感想をリアルタイムで共有しながらあーでもないこーでもないTwitterで言ってるのほんと楽しいですよ.もうね,今見てこの「ヤバさ」を体感していないのは絶対損ですよ.ここ数週間で本当にそれを実感しています.本当にね,シーズン2の今が一番ピークだと思うよ私は.さすがにこのシーズンでこれ以上もりあがるってことはないと勝手に思っているから.ほんとうに面白いのは今だから,見ましょう.皆見よう.いいな

シンデレラガールズ5thライブ石川公演の感想.飯田氏・やすのんにマジで恋する5秒前

注意:とりあえず草稿です.後から文章は全部書き直しますが,その前に,この感情を,情報を共有したい……分かるだろう……分かれよ…….

 

 

はじめに

はい.タイトルのとおりですよ.ぼかぁ初日LVに行かなかったのを後悔しまくっているんですけどね.まぁ,その辺は追々話すとして.今回も,LV視聴後の私の心の叫びを御覧ください.

 

 

飯田氏の素晴らしさは本当にもう,長くなりすぎたら別記事にするレベルで,ほんと好きなので,本書きするときに死ぬほどたくさん書きます.が,まずはとりあえず今回の目次です.

 

 

では,張り切ってまいりましょう. 

 

LV会場全体の雰囲気について

最初にライブ本体とは関係がないんですが,LV自体の雰囲気について言及しておきます.私実は今回がLV参加始めてだったんですよ(今まで全部現地参加or参加しない感じ). なので,まぁ,はっきり言って全然勝手がわからなかったんですけど,終わってみれば実質小さいスタンド席でした.会場と同等とは言わないけど,相当たのしかったです(もちろんたまたま今日がそうだっただけなのかもしれないですけど).分けわからない言い方ですけど,再現度高いです.

ペンライトほぼ全員所持してガンガン振ってましたし,コールも結構な声量でしていました.なので私も張り切ってコールしてました.楽しい.ただ,ちょっと私の声うるさかったかもしれないですね.隣のお姉さんほんとごめんなさい.もうすこし節度をわきまえるべきでした.アンコールMC中にるーりぃとかガンガン叫んでしまった…….ごめんなさい…….

あと,UOも普通に折っていた人たくさんいました.ただ,会場ほどたくさんは折らない感じです.おねシンのときとか全然折ってませんでしたし.現地参加は最低10本ぐらいはあったほうがいいですけど,LVは控えめに5本ぐらいでもいいかもしれません.

 

 

上記ツイートの通り,今回参加した仙台のLV会場はだいぶ雰囲気が良くて,本当にツイートの内容のようなことが起きました.こいつら,LVだからって手を一切抜いてねぇ…….訓練され尽くしてやがる……!という気持ち.めちゃくちゃ暑い,そして温かい空間でした.現地参加しない分は全部ここで見る予定ですが,宮城住んでてよかったですね.最高では.

 

ちなみに,おそらくLVだからこそ見られたのは以下のポイント.

 

 

LVなので当然といえば当然なのですが,演者さんが何やっているかめちゃくちゃ見やすかったです.細かい表情とか,目線とか(とくに森久保!).現地参加のみんなアイマスだいすきで集まってる雰囲気も最高なんですけど,観るという意味ではLVも良いものだと思いました.

 

 

 

さて,そろそろ本題の楽曲の話に入っていきましょう.例によって印象的だったところのみに絞って書いています(絞らないと書き終わらないんだよほんと).でも,よかったぁ…….ほんと良さ味にあふれていたぞ…….

 

エヴリデイドリーム

初っ端から座長まきのん降臨という感じでした.が,正直ちょっとやりづらそうだったなという感じが出ていました.これ,あくまでLV側からだからかもしれないんですけど,エヴリディドリームを含んだ最初のブロックの曲,地味に音と声がズレていたんですよね.イヤモニ側ともズレているのかわからなかったんですけど,ちょっとそのあたりもあってか,少し歌いづらそうな感じがありました.トップバッターのプレッシャーはこういう意味でも存在するんだなと.このブロック以外で歌っていたラブデスとかあいくるしいとかではギアフルスロットルだったから安心しましたけどね.

この状況でも歌後半ではいつもの歌唱力が戻っていたので,やはり座長は座長ですよ.本当に機材トラブルあったのか分かりませんけど,もしあった上でこれやるなら,やっぱり座長,相当なのではないでしょうか.後のMCでもトップバッターという事自体にはまきのんは言及していましたけど,このタイミングで歌うのはまぁ,そりゃ,辛いわなぁと. 

 

恋のHamburg♪

えぇ……うちに来てもうすぐご飯してくれ…….好き…….そういえば石川からハンバーグが消滅したらしいですが(二日目MCでも言及あり,あとツイッターで肉関連商品が軒並み死んだツイートがたくさんありました),まぁこんなの聞いたらハンバーグ食っちまうよなぁ!!分かるよなぁ!!!でもそれは響子ちゃんでもあっちゃんでもない誰か(下手すりゃ機械)が作ったんだよなぁ!!!悲しいなぁ!!!

 

おかしな国のおかし屋さん(と例の演出について)

大坪さん,相変わらずキャラ声の安定感がすごい.ずっと笑顔だし見ていて安心できる内容.かと思ったら,最後のタルトを食べる例の場面でちょっと落としそうになっていて,それでもこの場面でキャラ声のまま「あぁ……掴めない……」の一言ですよ.やっぱりどう見ても完全に三村かな子なんだよ.そしてそのまま,落としそうになりながらも執念でタルトを実食するところも良かったですね.みんなちょっとハラハラしながら応援していたと思います.

 

そして,さぁ.もう関係各所で散々話されている話題ではあると思うんですけどね.ロックな王子かっこよすぎませんか!聡明すぎませんか!!なんなんですか!!私男性ですけど声聞いた瞬間にキュンっキュンっしましたよっ!!!キュンじゃなくてキュンっですよ!!マントふぁっさぁやって颯爽と出てきて靴はかせるんだぜ?もう,かっこよすぎではなかろうか.ヤバいですね,改めて文章にしているはずですけど,完全に語彙が消失していますね.でもいいなぁ,なつきち王子,うちの床下から出てきてくんねぇかなぁ…….何すればうちの床下から出てきてくれるかなぁ…….

 

ただ,これとは完全に別件でですね.石川初日はどうやら飯田氏が王子やったらしいんですよね…….これ見られなかったのだいぶ後悔しているんですよ私…….この流れで出てきたらそうとうかっこかわいかったでしょきっと.ほんと,円盤早く出してくれ……ほんと出してぇ……両日出して…….絶対両日だからな!!!両日!!!!二日目だけとか許さないからな!!!!!

 

ヴィーナスシンドローム(というか洲崎綾さんについて)

これ,ねぇ…….石川出身のあやっぺが凱旋公演で自分の持ち歌を歌っているという時点でだいぶ感慨深いものがあるとおもうんですよ.だから,イントロが流れ出した瞬間からもう,胸の高まりといい,会場の盛り上がりといいが最高潮.まぁ,みんな上がちゃうよな,これなら.

それで,いざ歌い出すんですけど,もう最強ではないか?????もう,女神ではないか?圧倒的歌唱力と女神感で殴り倒された格好です.伸び伸びとした声と外れない音,これ聞いたら惚れちゃうよなぁ.こう言っちゃ失礼なんでしょうけど,この歌が普段のあの方から出て来るのほんと信じられなかった.

 

洲崎綾さんがアンコールMCでM@GICの歌詞について言及していたんですけど.

 

 

 

歌詞の「だってシンデレラは頑張り屋でしょ?」の部分を歌った時に,私,ちゃんと頑張ったよね!って,素直に歌えたっておっしゃっていて,そんなこと言われちゃったらもう,みんな泣いちゃうよ…….ほんと洲崎綾さん,頑張りやさんだったんだなぁと.お疲れ様でした.

 

あいくるしい

飯田氏……

「私の願いなんて単純なものだよ」で無事死亡

ここのまきのん(特に「あなたが笑うから」が)大暴れと言う感じで素晴らしすぎてやっぱりまきのんの歌唱力は(あくまで自分の中でですが)キュート最強なんだと再実感

この曲後のMCで大坪社長が禁断のあれを感じると言っていたのが本当にあれでね

こんなところで百合成分を摂取することになるとは思わなかった

僕はそういうの好きなので大歓迎です

まぁ公式でやりすぎるとあれだからほどほどにお願いします

 

絶対特権主張しますっ!

やばい,特権を主張されたら許さざるをえない面々

はらぼうとやすのんの声は権利を主張する姿勢がだいぶ強かった(きれいな言葉で書くとかっこいいになります)

あとさぁ!なっぴー!!台詞!!!薫ちゃん!!!!

薫「先生は薫だけの先生だよ!」 → 👼

あとのMCで9歳の初めての独占欲と言っていて,あまりのも危険すぎると思った(考案はやすのんらしいがツボを捉え過ぎではないか)

 

 

でね,やはりこの後の一連の,このブロック,明らかにPを殺しに来ている.具体的にはSparkling Girlからの一連の流れですよ.分かるだろう,あんなの食らったら死ねって言ってるようなもんじゃねーか!!!!

 

Sparkling Girl

るーりぃほんとライブの度に歌上手くなっていませんか????

CD音源を越えてくる.

でも,やっぱりだりーっぽい感じは残っていて,いい意味で素人くさいっていうんですかね

一生懸命と言うか,綺麗だけど泥臭さがちょっと残っているというか

正しい表現が分からないけど,これが良いんだよ……

ただうまいんじゃ駄目なんだよ,こういううまさだから良いんだよ,分かるだろう.分かれ.

 

Rockin' Emotion

 曲中にはらぼうとやすのんがハイタッチしているのクール過ぎる

「こいつら,完全に互いを信頼しきってやがる……!!」みたいな.

シンフォギアG終盤の先輩って呼び合っているクリスちゃんと翼さんみたいな感じ(伝われ

 背中合わせで歌ってるのかっこよすぎるんだよ

あと今回LVだからなのか知らんけど,ステージから客側を向いているカメラの映像が流れてさ

これがもう,かっこよさの極み.光に向かって歌ってる二人最強でしょ

この2人の曲とかも欲しいですね……

やすのん好き…….

 

Hotel Moonside

言及する必要があるのか.

無事死亡に決まってんだろこんなの.

いいか,3rdで歌うだけでみんなを月までふっ飛ばした飯田友子がなぁ!!!完璧にダンサーと合わせる完璧にクールなフリを持ってくるんだぞ!!!!鬼に金棒,飯田友子にフリなんだよ!!!!分かるか!!!!!あの恐ろしいほどの殺傷力が!!!!!

おまえ,全方位から死ねって言われている気分だったぞ私は!!

死んだ!!!!!!!!!!5人ぐらい死んだ!!!!!!

1⃣ 2⃣💋💋 

しゅきぃ…….

 

 

Jet to the Future

Rock the Beatが揃った時点でもう,来るのは分かってたんだけど,最高に決まってんじゃんこんなのぉ!!!

約束された勝利の歌ですよ,分かりますか

マイクスタンド掴んで二人して立ってるのを横から見るカメラのしごとっぷり最高でしょ

かっこよすぎでしょ

この2人ならなんでもできそうな最強感があった

好き……

 

このブロック後のMCについて

完全に高校生カップルがイチャイチャしているだけだった

 るーりぃ「イヤモニから聞こえるなつきちの歌に引っ張ってもらった」

やすのん「るーりぃに背中を押してもらって頑張った」

そしてここに入ってくる飯田氏,はらぼうのコンビ

「「おいおい,調子乗ってんなぁ~↑ 惚気てんじゃねーよ~↑↑」」とステージ脇から登場

(中の人の名前的に)ダブルゆうこコンビ爆誕

この2人で色々やってるのすごく楽しそうだったし,是非ともデレステに輸入していただきたい…….

この後やすのんをはらぼうとるーりぃが取り合うやり取りほんと尊さに溢れていた

大坪社長の飯田氏2番目発言はくっそ笑った

 

Nocturne

また来ると思ってなかったァァあああああああああああああ

センターの飯田氏ももちろん好き……

ごめんなさい,急にアイドル好き過ぎておかしくなった人みたいなこと言っていいですか

LV組,飯田氏と目合わなかった???合ったよね!!!合ったよね!!!絶対合ったよね!!

 

あと,さっきから全然言及していなかったんですけど,長島さん,というより上条春菜!!!!!圧倒的に歌がうまくなっている!!!!4thより格段にうまい

これはシンデレラマスターきたら相当やばいんじゃないのって言うぐらいに,めちゃくちゃうまい

最後のMCでも明らかに上条春菜が居て,これは担当P今回の見てたら堕ちてるでしょ完全に.ほんとよかったもん.是非,もっと活躍の場を…….メガネを…….

 

 

生存本能ヴァルキュリア

ねこさんよい……かっこよくない????ほわっとしていない藍子,最高ではないか.

アップテンポな青空リレーションも好きだけど,やっぱりポテンシャルあるやん!という気持ち

もっといろいろな藍子ちゃんみたい気持ちありますね…….

そしてここでもあやっぺ,大暴れである

喉からCD音源ってこういう時言うんだろうなと.

かっこよすぎるぅ……もう全体的にクールの極みなんだよなぁ……

 

アンコールMC

津田ちゃんの号泣(後の方で他の人のMC聞いているときにちらっとないてるのが見えてLV会場若干笑ってしまう)

あっさむ,圧倒的あっさむで,そうそう,やっぱりふれちゃんの中の人はこうだよなぁという気持ちになった

あっちゃんのbecauseなぜならがプロデューサー全体の予想の斜め上すぎてどよめくどよめく

座長まきのん,強かったんだなという気持ち.やっぱりだからこそ座長なんだなと.

ゆみりん,はぁとがしゅがしゅがする

光那さん,先述もしたが圧倒的上条春菜で,ほんともっと活躍の場を増やしてやれよバンナムとサイゲ!!!

森久保,森から一歩出て久保になる

いい意味で雑で暖かみにあふれたはらぼうさんのMC,最後でほんとよかった.みんな身内だね!!!

 

 

おわりに

ライブ自体,まぁ,言わずもがなで最高.その辺は,上の方見ていただければ分かるだろうという気持ち.

それを除いて言及するポイントが有るとすれば,今回のMC,終始めちゃくちゃおもしろかった.ゲラゲラ笑っていた.

振り返ると,あやっぺ,津田ちゃん,あっちゃんあたりが入っている時点で,そらMC面白くなるよなぁと.楽しかったです.

個人的に今回のLV,今週いろいろ酷い目に遭ってすごい辛いことたくさんで精神がポックリ逝っていたんですけど,ほんと元気をたくさんもらえた

今日見に行ってなかったら,私こんなに元気じゃないし,息するのも辛いだけだったんじゃないかな.

やっぱりコンテンツの力,演者の力,エンターテイメントの力を再確認できたよ

楽しい・面白いは,今後もずっと正義だと思う.

 

石川公演自体についても,宮城よりも和気藹々感があって,見てる側としてもなんか安心できる気がした

かかえている曲という意味でも見どころがたくさんあったし,その点では,安定感あるライブになるのは当然かもしれない(だからこそ宮城のヤバさが際立っていると思うんだけどね)

 

あと,やっぱり,個人的な嗜好だから,仕方ないんだけど,今回のライブ,ほんと,私の中で飯田氏とやすのんの存在が大きくなるだけだった……すき…….

もう好きしか言っていないんだけど.ごめんなさい気持ち悪くって.でも好きなんだから仕方ないだろ!!!馬鹿!!!!!これこそ石川弁クイズでも出ていた「だらぶち!」ですよ!!!!もう,ふたりともだらぶち!!!知らない!!!!!!!!CD出したら買うしラジオ出たら聴くからツイッターで教えろよ!!!!!!!

 

 

まとまってないけど,今日は終わりです.愛の告白をして終わりです.

もう,なんだろうね,現時点で草稿なんだけど,大暴れって感じで書いてしまった.

驚いたことに,草稿で5000字越えてるんですけどぉ…….まじぃ……??これ書き直すの辛くない……??

やっぱりでも,アイマスですよアイマス!!!アイマス最高!!!!

次は大阪!現地両日参戦確定です.行くからな!!!待ってろよ!!!!絶対見に行くからな!!!!

 

 

宮城両日現地参加の感想記事はこちら!!

hagyou.hateblo.jp

 

 

 

今更感あるけどWILD WIND GIRL揃えよ…….

シンデレラガールズ5thライブ宮城公演.今までで一番泣きました.

はじめに

突然ですが,アイドルマスターシンデレラガールズ5thライブツアー宮城公演二日目公演に関するの私のツイートを御覧ください.

 

 

この記事は大体こんな感じです.いやー,いやー,やばかった.本当にやばかった.もう,既に語彙力が失われていますが,ライブが終わって2日経っていてもこの有り様です.本当に有難うございますと言う感じですね(意味不明).この記事はずっとこんな感じでいきます.

 

http://idolmaster.jp/event/cinderella5th/information.php


それはそれとして,みなさま御存知の通り,シンデレラガールズ5thライブツアー宮城公演が開催されました.5thライブツアー最初が地元宮城開催ということで,開催が発表されたときは大変うれしかったのを覚えています.

 

というわけで,今回は参加した際に感じたこととか,あの場で一体何を見てきたのかとか,そういうのを記録として記事に残しておきたいと思います.読んで楽しんでいただけたなら幸いです.毎回全てに言及できるわけではないと思いつつ書いているんですが,今回は言いたいことが沢山ありすぎて,ほんと,これまでで始めて涙が出てしまったライブだったので,ちょっと気合い入れて書きます.以下目次!きになるところだけでもどうぞ.

 

 

まず,いきなりライブそのものとは関係ない話題を2つほど,会場・天候の話と入場時の身分証提示の話をさせてください.

 

会場・天候について

まず,会場と天候の話ですが,なんだって我々はあんなに試される会場,試される天候のライブに参加しなければいけなかったんでしょうか.

 

仙台の過去の実況天気(2017/05/13) - 日本気象協会 tenki.jp

 

特に13日については1時間に5[ml]を超える雨,そして平均風速6[m]という地獄のような状況の中で入場待機列に並ばなければいけませんでした.会場のなかに入っても寒くて仕方がありませんでしたし(これについてはライブがはじまったらなんとでもなるんですけど),ライブ後も天候は一切回復していなかった時の絶望感といったら,何でしょうね,デレステのイベント結果発表で120001位だったような気持ちというのでしょうか.辛さしか無いです.しかもそのなか帰りのバスを待たなければいけなかったですから,もう,ね.いくらライブが素晴らしいとは言えこれは辛かったです.

 

f:id:hagyou:20170517163523p:plain

 

ツイッターでも話題になっていましたが,美玲ちゃん本気出しすぎだろ…….ほんとに嵐起きちゃったじゃん…….起きちゃってるじゃん…….頑張りすぎ…….でも初ライブにはふさわしい状況だったのかもしれないと思うと,これもまた感慨深いですね.

ちなみに,このような状況の中でも,私が見る限り空席はほとんど存在しませんでした.やはりプロデューサー,訓練され過ぎではないか.しゅごい.でもまぁ,行くよな.毎度毎度最高だもんな(信者並感想)

ちなみに今回初日は知り合いの方と一緒に入場したんですが,その際の「屋根があるからライブ最高です」という発言は名言として後世に残していきたいです.

 

 

二日目は傘もかっぱも持っていったけど使う必要がなかったので最高でした.

 

身分証の提示について

また,身分証の提示について,本当にこれで転売防げるのかねと思ったんですが,結論から言うと,これだったら転売チケット減るだろうなと思いました.あくまで個人的な体験なので,他の人はどうか分かりませんが,会場入場時には結構ガッツリと身分証を見られました.

身分証確認の流れとしては,身分証とチケットをお兄さんに渡す → お兄さん,チケットの名前を確認する → チケットの名前と身分証を確認する → 身分証の顔写真と私の顔をガッツリ見る → チケットもぎって半券と身分証を渡す という感じ.

流石に30秒はかかっていませんが,体感で15秒はかかっていたと思います.チケットをもぎるお兄さんにも依るんだと思いますが,まぁ普通に考えてこの状況で身分証違うのに入ろうとするのは無理でしょうね.ごまかせるとは思えませんでした.

それと,私は写真付きの身分証であったことから比較的スムーズだったんですが,これが写真付きじゃない場合は更に時間がかかった人もいたらしいそうです.会場に早く入りたいなら,早めに並びだすのも当然ですが,写真付きの身分証を準備しておいた方が良いかもしれません.とは言え,どうしても時間がかかるわけですから,今後は入場開始時間自体が早くしてほしいですね.

 

 

楽曲のお話

さて,そろそろライブ本体のお話に入っていきたいと思います.まずは印象に残った楽曲それぞれについてざっくり.の前に,そう言えば一つあった.

 

SNICKERS

小見出しにしておきます.今回から協賛企業にSNICKERSが追加されました.初日の協賛企業読み上げの時に誰かが「お腹が減ったら〜」と言ってその後に全員で「SNICKERS」の流れはかなり笑えました.これでSNICKERS買う人また増えそうな気がします.というか私も今更になってスニリプチャレンジしてますし.

 

 

それでは,今度こそ楽曲のお話へ.

 

 たくさん!

前半で個人的に一番尊さを感じたのはやはり「たくさん!」.すみペがMCでも話していましたが,アーニャはこれまでバラード系の曲が多くて,振り付けもそんなにこう激しく踊るようなものがありませんでし.そのなかで今回のような曲が入ってきて,新しいアーニャのいち面が見れたのは本当にそれだけでまぁ,最高だったわけですが,それが振り付きでこう,目の前で見させられると本当に素晴らしくてですね.アーニャも楽しそうで何よりですという,何でしょう,上京した娘が楽しそうに仕事しているのを街で見かけた気分というのでしょうか.とても穏やかな気持になりました.最高ですね.はい.

あと,振り付けの一部でスカートの両端を持つ仕草をするんですけど,これが本当にかわいくって.もう,好き.好き.ちょっとぴょんぴょん飛んでる感じも楽しそうで本当に好きです.好き.思い出しただけで語彙力が失われるぐらい好き.アーニャPは絶対円盤買えよほんと.

 

ミラクルテレパシー

それと,今回久しぶりに聞いて「おっ」と思ったのが「ミラクルテレパシー」なんですけども.私はこれまで3rd,4thSSAとこの曲をライブで聞き続けているんですけど,鈴木絵理さん,どんどん歌上手くなっていませんか?個人的な更に声が張ってもっとパッション感が出ている気がして,歌自体はこう,まぁ,なんというか,ユッコの曲なので自由極まりない感じなんですけど,その中でも芯がある気がして良かったです.こうなると生でもっとガッツリと歌を聞いてみたい気持ちがあるんですけど,ユッコの2曲目も似たような感じになりそうな気はなんとなくしてしまうんですよね.できればこう,エスパーの本気が聞ける曲を見てみたいです.

あと,もはやライブ恒例になりつつある間奏中のパフォーマンスですが,今回は投げキッスでしたね.初日は杜野まこさん,二日目は金子真由美さんが投げキッスしたんですが,ふたりともやりたくない感満載で笑いました.あと,毎度思うけど杜野まこさんのパフォーマンスというかMCは本当に熟れている感じがあっていいですね.何言わせても上手い感じがあって,凄い.見習いたい.

 

Nocturne

そしてその次の「Nocturne」への入り方ですよ.エスパーパフォーマンスでちょっとみんな笑って油断しているところに,あの初っ端の「デーデン」が流れた時のスイッチの切り替わり方,そしてポップアップから出てくる出演者の様相にもう,テンションの上がり方が,あれはうなぎのぼりにも程がありました.最高かよ.

そしてこの曲の振り付けがまたたまらないんだよなぁ.マイクとスタンドを使った振りがまさしくクールの権化といえるほど.また,ステージの中央の城のディスプレイのそれぞれのメンバーがマイクに向かって歌っている様子が写ったのも超絶かっこいい.イメージとしては,アニメなんかでよくある,画面を幾つかに分けてそれぞれで登場人物が決め顔しているシーンって言うんですかね.ネットの拾い物なので,著作権的に怪しいんですけど,イメージとしては以下のような感じ.

 

f:id:hagyou:20170517104926j:plain

f:id:hagyou:20170517105635p:plain

※ ↑ちなみにこれは両方共シンフォギアGXですね.好きです.

 

それぞれの枠?の中で出演者一同がマイク+スタンドを持ちながら顔アップで歌っているのが激熱すぎて震えました.この魅せ方が今回のライブでいちばん好きだったかもしれないです.

そして曲の最後はスタンド部分を持ってマイクを上に掲げるポーズをして,そのポーズのまま逆光になって終了だったんですが,これもむちゃくちゃかっこよかった.何かのバトル漫画のラストでも見ているかのような,凛々しさと誇らしさと強さを感じました.まじ,惚れるよあんなの.

 

One Life(というか千菅春香さんについて)

CDの時点から分かりきっていた話ですけど,かっこいい.ちっすー,超かっこいい.曲に入る前の客に対する煽りも最高なんだけど,歌い出しからCD音源を超えている.この歌唱力の前には何人たりとも勝てないのではないかと思えるほど.なんだか,思ったんですけど,涼さんのCVつかなかったのって単純にこのレベルのボーカルができる声優さんがいなかったから何じゃないの?と思えるほどにクールでした.それぐらい納得させられる力がある歌声でした.

他にもちっすーが出ていた曲(Nocturne,Nation Blue,純情Midnight伝説)は最高だったわけですが,特に純情Midnight伝説のあのサビ前,「きらめく星屑の海〜」からのコールの煽り方最高にかっこよかった…….あれに合わせて声を出す快感しゅごい.もう,やってほしいことを丁寧にキメてくれる安心感があって両手を合わせてありがたがるレベルでした.大阪公演にも出演されるということで,楽しみが一つ増えました.はぁ〜,楽しみ〜.

 

気持ちいいよね一等賞!(なんだけど桜咲千依さんについて)

一等賞は曲単体のコールが楽しい曲でもあるんですが,やはり曲が始まる前のパフォーマンスも見どころでして.今回はメンバーに松嵜麗さんと杜野まこさんが揃っているということで,これは3rdのアレがパワーアップして見られるんじゃないかと思っていたんですが,今回は初日に鈴木絵理さん(ユッコ),二日目に桜咲千依さん(小梅ちゃん)という初顔合わせ二組という形になりました.まぁこれだけでも楽しかったんですけど,それ以上に個人的に印象的だったのは,まっこもっこさんがホームラン打った後に曲が始まった時の桜咲千依さんなんですよ.

 

 

そう,そうなの,たまたま私の席から見やすいところにちょこたんが居たんですけど,みんながコールして前奏終わるまでリズミカルに両手上げてぴょんぴょん飛んでたの!もう,キュート.かわいい.円盤で写ってるかな…….多分写ってないと思うんだけど.今まであまり意識していませんでしたけど,こういう形でステージからはけるギリギリまでパフォーマンスしているのって,実は他にもたくさんあるのかもしれません.この細かい仕事ぶりに演出の方の心意気を感じましたし,もちろんちょこたんかわいいなぁと思いました.

 

肝心の一等賞自体についても簡単に言及したいんですけど,まぁ,楽しいに決まってんじゃん.あの曲ってもう,曲や応援歌というよりも,ライブという場所で最高のパフォーマンスをするために作成されたプログラムみたいな,そういう類のものだと私は認識しているんですけど,それをなんなくやってのけるまっこもっこさんは素晴らしいなぁと.熱苦しいまでの熱さは何回やっても良いものです.激熱.山火事上等でした.

 

∀NSWER(というより早坂美玲(CV:朝井彩加さん)について)

美玲ちゃん好きとしてはやはりこちらにも言及しなければいけないなと.イントロで察したプロデューサーによって会場全体が真っ赤なサイリウムに囲まれるんですが,そんな中悠然と現れるあしゃいしゃん,そしてセンターに立ち「ここからは,うちらのターンだ!」の台詞,あの場には完璧に早坂美玲がいました.

個人的にはやはり(天気がまさしく嵐だった)初日の方が印象的で,セットリストが完全に分からない中で突然流れ出したイントロでどよめく会場,そしてそんななか出て来る美玲の流れが本当にたまらなく好きでした.外が嵐の中,まさしくアリーナの中にまで個性の嵐を運んできた格好で,もう一回あの流れ見たいなぁ,と.美玲Pで会場言っていた人はみんな大満足なんじゃないでしょうか.

ちなみに今回は歌うメンバーとして他に佐藤亜美菜さん(ありすちゃん),桜咲千依さん(小梅ちゃん)が居たんですが,この二人はキュート兼クールという感じでこれはこれで良い……良いのです…….元の声がやはり可愛い寄りなので,それ+クールって感じなんですけど,でも朝井彩加さん(美玲ちゃん)の声は,どちらかと言うとクール+キュートって感じなんですよね.逆.かっこよさの中に可愛さがあるというか,そんな感じで,個人的にはこちらがやはりこう,くるものがありました.どっちが上とかそういう話じゃないんですけど,やっぱり持ち歌を本人が歌っているのは素晴らしいなぁと.

やっばいなぁ,早くフルのCD発売しないかな.というか,ライブ盤のCDがほしい.売ってくれほんと.早く売ってくれ.もうここ数日ずっとCD待ちなんですよ.早く発売してくれ.

 

あんきら!?狂騒曲

まぁね,もう世間で既に語り尽くされている気がするんだけど,このライブ,あんきら好きにはもう,的確すぎて処方箋なのではないかと思うぐらい効いていると思うんですよ.なんでってのは,わざわざ言及するまでもないと思うんだけどさ.この曲,すごかったよね.イベントでは曲の1番部分までしか使われていなかったのでただの電波曲だとおもっていら,2番から尊さMAXのあんきら成分を含んでいたとは.やっぱりこの二人最高のコンビや……と再確認させてくれる素晴らしい楽曲でしたはやくCDよこせ.

それで,初日に曲自体の全容がわかって,もうこれで十分尊さに溢れていたわけですけど,その後の二日目のハグよね.

初日は曲の最後にきらりが「杏ちゃん!終わったからご褒美に飴あげる!」杏「やったー!」みたいな,なるほど納得感があるパフォーマンスだったわけですが,二日目に「ご褒美にハグあげる!」に変わっていた時のあの,あの驚きと感動ですよ.もう,分かってやってんだろお前ら!お前ら!はぁ!最高ですよほんと.ツボをわかった上で責めてくるのほんと怖いぐらい.われわれが虚空に消え去っていくレベルで良かったです.

 

 

 

アンコール後のMCのお話

楽曲の話はこれぐらいにしないと終わらないのでこれぐらいにしておきますが,今回個人的に一番印象的だったのはやはりアンコール後のMCなんですよね.もう,ほんと,泣かせに来るポイントが多すぎてほんと,止めてと言いたくなるほどでした.

 

 

今回初参加だった3人の,伊達朱里紗さんの前からシンデレラやりたかった話とか,のぐちゆりさんのキャラに対する思いとか,朝井彩加さんの「早坂美玲だー!」とか,もう,三者三様に泣かせにくるコメントでほんと,もう,ね.この三人もいきなりこんなデカいステージやる事になって,しかも客は良くも悪くも訓練されている人間たちでしょ.それでもこれだけのクオリティを出してくるっていうのはもう,そりゃもう相当な努力の賜物だと思うんです.でもその裏には当然プレッシャーがあったはずで,それでも最後までやりきっているのは,やはりプロだなと.本当に感嘆の極みです.

 

でもね,やっぱり彼女たちを含め支えていた座長の話をここではメインに取り上げたいなと思って.そう,座長,きらり,諸星きらり役の松嵜麗さんですよ.

 

こっからは完全にもう,うろ覚えを書き出しているので,ひょっとしたら違うかもしれないんですけど.でも,あの流れを全部書いておきたいので,書きますね.

 

誰かが(誰だったかもう急に思い出せないんだけど,確か伊達さんだったかな?)れいちゃまのことを座長って呼んでいて,それでれいちゃまがしゃべる順番になった時に,会場中が一斉に「座長!」「座長!」って叫び出すんですよね.

それでひとしきり収まったあたりから,喋りだすんですけど,もうこの時点でちょっと半べそな感じで.「みんな初日に驚いたと思うけど,きらりはああいう娘だから,ここに立てると思ってなくて……(うろ覚え&私もこの時点でちょっと半べそだったので)」って言い出して,その声が,あの松嵜麗さんなのにちょっと震えていて.

 

それで少し言葉に詰まったあたりで,みんなまた「座長!」って言い出すんですよ.それでもう,そのあたりから私ちょっと泣いていて覚えていないんですけど,「きらりはちゃんと輝けていましたか?」って聞かれてさ.もう,ほんとうに,ないちゃうよね.

 

 

 

ちょっとツイート引っ張ってきたんですけど,わかりますかね,彼女の強さが.もう,私なんかが想像できない思いでこの公演に臨んでいたんだと思います.MC中でも語られていましたが,みんなが松嵜麗さんのこの公演での存在感をアピールしていて.ソロ曲がないメンバーそれぞれに台詞準備するようにしたとか,みんなに見せ場を作っていたとか.それでいて自分はセンターに立ってパフォーマンスするんですよ.それってもう,常人にはとてもできないことだと思います.だから,そんな,こと言われると,ほんと,もう,こちらの感情が揺さぶられっぱなしで.

私ね,これまでシンデレラのライブって現地参加がこれで3回目なんですけど,ここまで泣けるライブは始めてでした.こんなにも出演者の想いを聞けて,それがどれだけ強いかを聞けたのは多分これが始めてだったんだと思います.

 

 

ほんとに,お疲れ様でしたと声をかけたいです.ただ,その一心.

 

おわりに

さっきもチラッと書いたんですけど,私は今回がシンデレラのライブ現地参加が3回目で(これまで3rd初日,4thSSA両日に参加しています),毎回ライブに参加する度にシンデレラガールズに対する発見があったんですよ.

初回である3rdは,私自身もそもそもライブが始めてだったので,周りのプロデューサーの熱量に圧倒されて,それでもやっぱりみんなこのコンテンツが大好きだったんだなってのが分かって楽しかったんです.

二回目である4thSSAは,もう,自分が楽しみ方をわかった上での参加だったので,まぁ楽しくて楽しくて,それでいて,ようやく出演者のみなさんがちょっとだけ分かってきて,ようやくライブそのものの楽しみ方が分かったのかなって思ったんです.

それで,今回が三回目なんですけど,今回はもうひたすらに,出演者の皆さん側も,このコンテンツが好きなんだってことがわかったんですよね.MCで松嵜麗さんはじめ出演者のみなさんがはなすシンデレラガールズへの思いって,まぁ今までもそれなりに有るんだろうなとは思っていたし,自分もそれなりに感じるところはあったんですけど,今回はライブそのものが初の出演者さんからの想いとか,やっぱり松嵜麗さんの仕事っぷりとかに物凄い感銘を受けてしまって.地方だし,出演者の数も(私が今までに出たシンデレラのライブと比較すると)少ないし,普通に考えたら,不利といったらおかしいですけど,やっぱり,上限というか,限界ってあると思うんですよ.

でも,そのなかでも出演者の想いがあったから,ここまでのライブになったんじゃないかなって勝手に思ってしまって.だから,その,なんていうのかな,この出演者の皆様じゃないと,シンデレラガールズじゃないんだなってすごく納得できるライブだったんですよね.単純に声がキャラに合っているから,というレベルじゃない,もっと上の仕事ができる人たちが演じているから,このコンテンツはここまで愛されるし,我々は愛せるんだなと,痛く納得できるライブでした.

 

本当に,出演者の皆様に,心から感謝したいです.初っ端からこんなものを見せられてしまって,もう,ほんと,このコンテンツ追いかけていてよかったなぁと思います.今後もよろしくお願いいたします.

 

いやー,それにしても驚きですよね.まだ最初なんですよ.ツアー最初からこれかよ,凄いなぁほんと.凄いよ,アイドルマスターシンデレラガールズ.もとから信者だけど,もうずっと信者なんじゃないかな,私は.マリエッティも行っていたけど,10年どころか30年ぐらいは余裕で見たい.この先も本当に楽しみです.1ファンとして,1プロデューサーとして,今後のライブも期待しています.